にいがた太郎検証【口臭サプリ】おすすめ選び方-niigata-myoko2018.jp

返金保証があるサプリがおすすめ

夏のシーズン(6月~10月頃)の間は体臭サプリを飲んでいます。

飲んでいる理由は、私は汗かきで仕事をした帰りなどは自分でも分かるぐらい体臭がきつくなっていました。特に、東京の満員電車は他の人にもとても迷惑をかけていました。

そこで私が考える口臭サプリや体臭サプリ、デオドラントの選び方を紹介したいと思います。

まず、サプリ選びの大前提にあるのは「毎日続けれるか」です。私がサプリを選んでいた時には、とても飲みにくいサプリがたくさんありました。

後味が残ったり、飲んだ後に少し気分が悪くなるものも多数ありますので自分にあったサプリを飲む事が大事です。

そのためには、オススメは、よくネットなどでも見かける5日間など飲んで自分に合わないと感じたら返金保証があるサプリをオススメします。

そこで、保証期間中に飲んでこれなら続けれると感じたサプリを購入するべきです。

サプリを飲み続けて効果が出てくるのは、個人差があると思いますが約30日ぐらい私はかかりましたが、体臭はほとんど無くなりました。

また、腸内環境を整えてくれますので便秘なども解消されました。サプリには、乳酸菌、ビフィズス菌なども配合されているものが多くありますのでオススメです。

最近では、口臭サプリなども飲む固体では無くて舐めるサプリなども発売されています。

口臭は、口内が原因である時もありますので男の人で前日に飲み会やニンニクを食べた後などにはオススメです。

飴のようなサプリになっているので、面倒な事などが一切無くて朝、昼、晩と使用する事が出来ます。

サプリにはデメリットもあります。以前使用していたサプリですが、体調が悪い時に飲んでいたらホルモンバランスが崩れたのか頭痛と高熱が出ました。

病院に行って検査をしてもらうと体調の悪い時にはサプリを飲んでしまうと体調が崩れる事があると言われました。仕事が続いて、疲れている時などはなるべくサプリを飲む事を控えています。

口臭サプリを選ぶ際に気を付けたことやその効果

私は、昔から匂いに敏感な方で、特に人と会話をするときの口臭には神経質だと思います。

自分の口臭は、歯科しかかって、口臭チェックをしてもらい、定期的に歯石をとったりして、気を付けるようにしていますが、自分のことじゃない場合は、そうはいきません。

数年前から夫の口臭が気になり始め、気を付けるようになんどか伝えたのですが、全く聞く耳を持ってくれずに、悩んでいました。

すぐに思い付いたのが、口臭サプリの存在です。

以前から気になっていて、ネットで情報収集はしていました。

私が口臭サプリを選ぶ基準としては、

  • 口の中だけじゃなく身体の内側から働きかけるもの。
  • 食べやすく続けやすい味であること。
  • 身体に良い材料で作られていること。

の3つでした。

私が選んだもの口臭サプリは、この3つの全てをクリアしていました。

口臭に、外側と内側からダブルで働きかける成分である「シャンピニオン」「ポリグルタミン」「ビフィズス菌」「なた豆」が入っていて、気になる味もヨーグルトとレモンの風味が感じられて、爽やかで美味しいです。

長期間、飲み続けるのであれば、添加物も気になりますが、悪いものは全く入ってい

ないので、安心して飲み続けることができます。

肝心の夫の反応ですが、最初は面倒臭がっていたのに、2週間たった頃から、自主的に飲むようになったのです。

どうしてなのか聞いてみると、まずお腹の調子が良くなって、口の中の粘り気が少なくなったからだと言うんです。

効果が出てきたのだと実感しました。

口臭は、いくら口の中だけを清潔にしても、胃腸がわるく悪玉菌ばかりだと、なくなりません。

この口臭サプリは、内側から働きかけることで、じわじわと効果を発揮するのだと感じました。

また、人と会う直前に、エチケットとしてこの口臭サプリを食べておくと、口の中がスッキリとして、ほのかにレモンの香りがします。

夫だけでなく、今は私も一緒に飲んでいます。

高校生になる娘も、お友達と遊びに行く前などに、欲しがるので時々のませていますよ。

デオドラント商品で足専用のサラサラクリーム

体臭が気になる方は電車が大敵です。

私の場合は脇と足です。

電車で大変なのが脇のほうです。

特に夏場は半袖で臭いがそのまま外へ出ているのではないか。と不安になります。

それにくわえ汗かきでもあるのです。頭皮からはダラダラ流れ落ちるし脇からはポタポタと垂れ流れるしまつです。

冬場の暖房などでも同じです。年がら年中苦しんでいます。

臭いの面でいうと足の方が酷い状況です。

仕事柄革靴を履いているのも悪いのかもしれませんが、革靴の上からでもとんでもない臭いがします。

一番困るのは座席での飲み会のシーンです。

もう足の臭いが気になって気になって飲み会どころではありません。

自分でも耐えられない草さなのです。

一度友人にビニール袋を被せられたこともあります。

さて、そんな私ですがなんと今では全く体臭を気にすることはなくなりました。

常日頃悩んでおりましたので色々とネットで調べたところ良さそうな商品が見つかったのです。

デオドラント商品で足専用のサラサラクリームというものなのですが、これがすごい。

そもそもの臭いの元となる汗などを発生させないのです。

私の足はいつでもどこでも風呂上がりでもネトネトの状態でした。

しかし、毎日風呂上がりと朝起きた時にクリームを塗るだけで足がサラッサラです。

朝塗れば風呂に入るまでずっとサラッサラなのです。

そうです。あの臭い汗のような成分がでなければ臭うこともないのです。

今まで香りで誤魔化していたり制汗スプレーを試していましたが効果が桁違いに違います。

これに味を閉めた私はそれを脇にも塗ってみることにしました。

これまた効果がすごい。縫ってすぐにわかりました。

サラッサラで汗なんか出て来そうにもありません。

不思議なもので安心感からなのかプレッシャーがなくなったからなのか電車で汗をかくこともなくなったのです。

今までは精神的なものもあって大量の汗をかいていたのでしょう。

デオドラント製品は本当にすごい効果があります。

ワキガのような体臭のキツさにコンプレックス

私はワキガのような体臭のキツさにコンプレックスを感じており、夏場になるとずっと自分の汗のニオイで気分が悪くなったり、人に不快感を与えてしまうのではないかと思い悩んできました。

もちろん、若い頃も、いわゆる「脇スプレー」を利用してきましたが、ほんのしばらくの間だけのごまかしに過ぎず、また服に残ったニオイが復活してきて困っていました。

デオドラントとは、基本的には「嫌な体臭を香りで感じなくさせる」ものだと思っていたのですが、今回私が巡り合ったデオドラントは、そもそも汗をかきにくくしてくれるタイプのものでした。

そんな私が、最近利用したデオドラントとは、ミョウバンを使ったもので、直接脇に塗るタイプと粉末になっているタイプがあり、いずれも試してみました。

やはり今まで使ってきたものとは違って、デオドラントそのものには香りがなく、本当に効果があるんだろうかと半ば疑ってしまいたくなるようなものだったのですが、使ってみると驚かされてしまいました。

思わず鼻を摘みたくなるような酸っぱいニオイが全くしなかったのです。

そんなデオドラントの選び方ですが、自分がそもそもどの程度の汗かきであるか、体臭持ちであるかということを認識するところがはじめることおすすめです。

スポーツの後でしたら、誰でも多少汗をかいて臭うことがあります。

そんな場合には、制汗スプレーで、体温調整もできるようなものが最適ですし、私のように、何もしなくとも常日頃ワキガのニオイで困っている人であれば、私のようなタイプのものを選ぶといいですよ。

私がデオドラントを利用してわかったメリットは、悪臭や異臭によって不快な気持ちにさせられてしまうことがなくなったこと、常に汗の匂いを気にした生活を送らなくてもよくなったことが挙げられます。

対するデメリットですが、夏場はもちろんのこと年中汗のニオイ対策が必要となってしまいますので、自宅だけでなく外出先でも常に持ち歩くこととなり、減りが早くて、コストがかかってしまうことだと言えます。

口臭サプリや体臭サプリ、デオドラントを実際に体験した私がメリットやデメリット

私は口臭や体臭に対してあまり気にしてはいませんでした。

しかし、夫から臭いを指摘されたことがきっかけで、口臭サプリや体臭サプリ、デオドラントなどを使ってみることにしたのです。

口臭サプリでは飲めばローズの香りがするものを購入しました。

体臭サプリはお茶の成分で体内から臭いを消すというサプリを買ったのです。

デオドラントは薬局で手に入る、スティックのりのようなものを体に直接塗るタイプです。

実際に使用してみた結果、それぞれのメリット、デメリットを紹介していきます。

まず、口臭サプリのメリットは、飲むだけで体内から口臭を改善してくれるので安心感があるということ、実際に飲んでみたら、しばらくすると息がローズの香りになったのを自分で確認できたということです。

私は一日のはじまりに口臭サプリを飲んでいましたが、飲んで数時間経ったら口の中でローズの香りがしました。

汚い話ですが、ゲップをするとローズの香りがしていたので、効果をしっかりと感じることができたのです。

一方で、口臭サプリは効果は実感できますが、それなりに効果が出るまでに時間がかかるので飲めばすぐにという即効性がないということです。

食事の後にすぐに口臭を消したいという場合には向いていないといえるでしょう。

体臭サプリはのメリットは、体内から臭いを改善してくれるので、臭いの元を消してくれて効果が出やすいということです。

消臭スプレーや香水のように臭いをごまかすものではないので、効果は感じやすいと思います。

デメリットは、口臭サプリと同じように即効性がないので、今すぐに体臭を消したいという時には向いていないことです。

やはりサプリなので続けていくことで臭いをだんだんと改善するものなので、普段からこまめに飲むことが必要です。

デオドラントのメリットは、臭いが気になった時にすぐに使えて臭いが消せることです。

サプリとは異なり、すぐに臭いを改善したい時に即効性があります。

デメリットは、臭いの原因を体内から消すのではなく、その場の臭いを抑えるというものなので、臭いで悩んでいる人の根本的な悩みの解決にはならないということです。

このように、口臭サプリ、体臭サプリ、デオドラントは臭いの悩みを軽減してくれるアイテムですが、それぞれにメリットやデメリットがあるので、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

デオドラント商品の選び方

夏場の暑い季節に気になるのが体臭です。特に密閉されて混雑した満員電車の中で強い体臭を放つ人が一人でもいると気持ち悪くなることもあります。

私も幾度となくそのような経験をして、自分もしっかり体臭予防をしようと様々なデオドラント商品を試してきました。

体臭デオドラントとは体臭を防いでくれるもので、シート、スプレー、クリーム、スティックなど様々なアイテムが販売されています。

どれも体臭予防になりますが、成分や効能が変わってくるためその時の状況にあったアイテムを使用することが大切です。

まず一般的に知られているのがスプレータイプで、脇だけではなく体全体に使用することができ広範囲使えるのが特徴です。

冷たいスプレーが出てくるので冷却効果もありささっと使える手軽さが受けています。

フローラルや柑橘系など様々な香りが展開されていますが、体臭がある状態で使用すると香りが混ざって不快になるため、しっかりと体臭の元の汗を拭きとった清潔な状態で使用しましょう。

シートタイプもドラッグストアーで沢山のブランドから展開されています。

ウエットティッシュのようにシートが濡れているので、汗をしっかりとふき取ることができます。

乾いたハンカチやタオルで汗を拭きとってしまうと、摩擦による刺激でより乾燥して汗をかきやすくなることもあります。

軽く持ち運びにも便利なサイズなので、外出先の応急処置として常備しておきたい一品です。冷感タイプもあり清涼感も感じることができます。

最近人気を集めてるのがクリームやジェルなどの直接患部に塗り込んでいくタイプです。

抗菌成分がしっかりと浸透するので高い効果が期待できます。密着するので汗をかいても落ちにくく効果が持続します。

密着型にはロールタイプもありますが、手を汚さなくいて良い反面、肌に直接塗布するので衛生面では良いとは言い切れないのが難点です。

このようにデオドラント製品には様々なアイテムが存在します。自分の用途に合ったものを使い分けていきましょう。

口臭デンタルウォッシュのメリットやデメリット

私は、ずっと歯磨き粉派でしたが年齢が40代最後になり段々と口臭がきぬり始めたのでドラッグストアーなどに行くと、口臭サプリやデオドラントをどれが良いか?探していました。

あまり大きなのを買うと嫌だったり、合わなかった時に困るので小さな物を探しました。

丁度小さな80ミリリットルくらいの小さな液口液がありましたから購入してみました。ライオンの歯磨き粉にもある口臭デンタルウォッシュで爽快なリフレッシュミントの香味でした。

使用してみての感想のメリットは歯磨きブラシで磨かなくても口に液体を入れてクチュクチュ20秒するだけで良い所、ブラッシング出来ない時には非常に助かります。

歯磨きブラシで磨いてから、このウォッシュを使っても効果はダブル効果になりますが、忙しい時や、外出先やランチの後など家以外に使う時には助かります。

ノンアルコールの部分も使ってみようと思った要素でもあります。臭いもリフレッシュミントなので、爽やかで良いと思いました。

メリットな所も沢山あるのですがデメリットな部分もありました。いつも歯磨き粉を使って磨いて、ゆすいでいましたから口に入れてクチュクチュした後に若干ゆすぎたくなる感がありました。

慣れたら良くなりましたが慣れるまではちょっと違和感ありました。虫歯と口臭予防という事で使用したのですが口の中に傷があったり、もともと敏感肌な方はこれも使用はしない方が良いかと思いました。

自分の体調や自身のアレルギーなどを考えてからの使用検討が必要ではないかと思います。

後は香りの持続性は、そんなに長くなくてすぐに無くなりますから物足りなくなる可能性もあります。

口臭は身体の中の悪い所も出てきたり虫歯からもあると思いますから根本から絶つ事も必要だと思います。

口臭サプリだけに頼る事は違うかなとも思っています。次使用する場合は、もう少し違う商品も試してみたいと思っています。

スメハラ(スメルハラスメント)

自分の体臭には日ごろから気を付けておかないと、周りに迷惑をかける可能性があるので注意が必要です。

最近ではスメハラ(スメルハラスメント)などという造語も普通に使われるようになり、迷惑を通り越して、ハラスメント(嫌がらせ・いじめ)ととして捉えられることもあるので、本当に注意が必要です。

ですが、厄介なことに、自分の体臭というのは、意外と気づきにくく、他人に迷惑をかけているという自覚がないんですよね。

よって、家族や恋人など、近しい人たちが指摘してあげることも、重要になってきます。

ところで、自分の体臭に気づいたならば、どのような対策を講じるのがいいのでしょうか。

ちなみにですが、私は長年ワキガに悩まされていて、これを緩和するために、デオドラントスプレーや香水のような、香りを発するアイテムを活用してきました。

が、これは正直言って逆効果です。ワキガのような、強烈なニオイに対して、甘い香りのするデオドラントスプレーや香水を使うと、余計に変なニオイに発展させてしまいます。

甘さの中に苦さがあるというか、とにかく、ものすごく歪なニオイになるんですよね。そうですねえ、感覚的には、洗濯物が生乾きしたときに近いかな。

ほら、洗濯物が生乾きしたときって、洗剤のいい香りに混じって、生乾き独特のカビ臭いニオイが漂ってくるじゃないですか。

あんな感じ。とまあ、このように、強烈なニオイに対して、強烈なニオイで封じ込めようとするのは、逆効果になるわけなんですねえ。

こういう時に役に立つのが、体臭サプリです。体臭サプリの場合、体の内側から、ニオイの元に働きかけてくれるため、ニオイを無にすることができます。

結局のところ、これが一番有効な対策になるのではないでしょうか。ニオイが無いというのは、ものすごくナチュラルでクリアで、人に対して迷惑になるようなことがありません。

その状態で、香水を付ければ、香水の香りを邪魔することなく、つまりは(香水の)ポテンシャルを最大限に発揮できるので、OKだと思います。

【口コミ】ゴッソトリノは効かない?成分や効果・使い方を徹底解説!【口コミ】ゴッソトリノは効かない?成分や効果・使い方を徹底解説! ブレッシュプラスの口コミ評判は悪い?試してわかった私の口臭効果! 【口コミ】臭ピタッ!は口臭・体臭効果なし?3ヶ月試した辛口評価! IKIREI(イキレイ)の効果口コミ@口臭対策成分と使い方を徹底解説! 【口コミ】Sinai(シナイ)のわきが・脇汗への効果を徹底検証! ローズドレスの口コミ評判!成分から効果的な飲み方をまで徹底解説!ローズドレスの口コミ評判!成分から効果的な飲み方をまで徹底解説!