会期2018年2月25日~2月28日

開催中!!!

宿泊・交通アクセス

妙高市へのアクセス

妙高市イラストマップ

会場地マップ


 (クリックすると拡大します)

※ 各会場とも駐車台数に限りがありますので、公共交通機関や無料シャトルバスでの来場にご協力をお願いいたします。

式典会場までのアクセス

 式典会場となる妙高市文化ホールまでは、新井駅から徒歩10分(約800m)となります。
 なお、開始式につきましては、新井駅及び上越妙高駅から妙高市文化ホールまで無料シャトルバスを運行しますので、ご利用ください。

 式典会場行 無料シャトルバスのご案内(開始式のみ)

式典会場行き無料シャトルバス時刻表
 ※ 当日は妙高市文化ホール周辺の駐車場は利用できませんので、公共交通機関や無料シャトルバスでの来場に、ご協力をお願いします。

 式典参加者送迎バス


 妙高高原地区から出発する式典参加者送迎バスはこちらをご覧ください。
   式典参加者送迎バスについて(PDFファイル)

競技会場までのアクセス

 大会期間中、各競技会場を巡る無料シャトルバスを運行しますので、ご利用ください。
 なお、有料路線バスも運行しておりますが、運賃は自己負担となりますので、ご留意ください。

 競技会場間循環シャトルバス(無料)のご案内


○ 運行日
シャトルバス運行日
○ ルート図
シャトルバスルート図 シャトルバス停留所

○ 時刻表
シャトルバス時刻表2
シャトルバス時刻表2

※シャトルバスのルート図や時刻表については、観戦ガイドブックの9~11ページにも掲載されております
 【観戦ガイドブックのダウンロードはこちら】


 有料路線バスについて


 ※ 各バスの詳細につきましては、ホームページでご確認ください。

●妙高市市営バス「妙高めぐりん」

 競技会場となる妙高高原地域では、市営バス「妙高めぐりん」が運行しています。

【妙高市ホームページ妙高市市営バス「妙高めぐりん」】 

http://www.city.myoko.niigata.jp/road/2291.html


●妙高高原ライナー

 北陸新幹線「上越妙高駅」から妙高高原温泉郷とスキー場を結ぶ民間バス「妙高高原ライナー」が運行しています

【頸南バス株式会社 冬の「妙高高原ライナー」の運行について】

http://keinanbus.com/detail.php?id=59 


●Mt.Myoko Shuttle Bus

 妙高高原地域の各スキー場間などを結ぶ民間バス「Mt.Myoko Shuttle Bus(マウントミョーコーシャトルバス)」が運行しています。

【妙高・高原観光バス(株式会社 妙高ハブネット)Mt.Myoko Shuttle Bus】

https://www.mkk-tour.com/myokoshuttlebus/17-18localshuttle/ 

ジャイアントスラローム・ジャンプ会場観戦エリアまでの移動について

 ジャイアントスラローム・ジャンプ会場の観戦エリアに行く場合は、無料シャトルバス降り場または駐車場からリフトへの乗り継ぎ(有料)が必要となります。

 ジャイアントスラローム・ジャンプ会場図


ジャイアントスラローム・ジャンプ会場図 (クリックすると拡大します)


 観戦エリアまでの移動方法


観戦エリアまでの移動方法



宿泊について

 宿泊先をお探しの方は、妙高市観光協会までお問い合せください。
   所在地  妙高市田口291-1
   電話   0255-86-3911
   FAX   0255-86-3450
   受付時間 午前10時~午後4時まで
   定休日  国体終了までは毎日営業(元日のみ休業)

妙高市の紹介

妙高市は新潟県の南西部に位置し、日本百名山の妙高山、火打山、高妻山や斑尾山などの裾野が広大な妙高山麓の高原丘陵地帯を形成しています。
妙高山麓一帯は、妙高戸隠連山国立公園に属し、火山・非火山が連なることで、雄大な自然景観を創り出し、3つの湯色の7つの温泉地や日本の滝百選の苗名滝、ビギナーからエキスパートまで満足できる8つのスキー場など、四季を通じて楽しめる観光地として知られています。

【初冬のいもり池と妙高山】

また、標高1300mの笹ヶ峰高原は、夏でも冷涼な気候であることから、近年、スポーツ合宿に多くの選手が訪れています。

妙高の冬の気候は多雪で、北西から吹くシベリアからの乾燥した冷たい季節風が日本海上で湿気を吸い、雪雲となって日本にやってきます。この時、最初にぶつかるのが妙高連山で、山に沿って吹き上げられた雪雲は、妙高の地に極上のパウダースノーを運んできます。